ネクタイ生地ができるまで

1.企画

目的とするシーズンの色、柄、素材の傾向等を綿密に検討、企画立案します。

このためには情報の収集、分析、素材開発など様々な要素が盛り込まれます。

ページトップへ

2.図案化

企画の意向をくみ、素材、組織、構図、配色を考慮しデザイン化します。出来上がった図案は検討後意匠づくりへと進みます。

ページトップへ

3.意匠

タテ糸とヨコ糸で柄を出す機械の上下運動を指図する意匠図を、コンピュータで作成します。

ページトップへ

4.彫紋

意匠図を製紋機が読み取り、ジャカード機に装着する紋紙を作成します。

ページトップへ

5.配色

企画の意図、得意先の意向、ブランドのテイストを損なわない様組織、素材感に留意して配色します。

ページトップへ

6.製織

紋紙をジャカードに装着し必要分の生地を織ります。現在では高速回転での織機の利用が一般的であり、当社でも採用して、品質の向上、安定した生地を生産しています。

ページトップへ

7.検反

織り上がった生地の糸節、結び目等取り除き、織りムラ等不具合が無いか入念に検査されます。

ページトップへ

8.整理

織り上がった生地は後加工することにより、表面の小じわが消え反発性を持ち見栄えが良くなります。一般にはのり及び樹脂が使われますが、商品のグレードにより様々な方法が用いられます。

ページトップへ

9.完成生地

織物整理によって加工された生地です。最後に更に検反の工程を経て、ネクタイの製品加工所へと旅立ちます。

ページトップへ